アトピーの原因

アトピーの原因は解明されておらず、なぜ発症するのか、また痒みが伴うのか分かっていません。ただストレスが原因になっているという研究があり、また外部からの刺激やアレルギー反応であるという報告もあります。

大麦若葉を摂取

青汁には大麦若葉という成文が含まれており、高い栄養素があります。穀物に豊富に含まれており、穀物をたくさん食べずとも青汁の飲むことで一日分を摂取することが可能です。

ヘモグロビンと血糖値

ヘモグロビンa1cとは体内に酸素を運ぶヘモグロビンに糖がくっついたもので、過去約2ヶ月の血糖値が反映されています。ヘモグロビンa1cの値を知ることで間接的に血糖値を知ることが可能です。

アトピーのとストレス

アトピーにかかる原因

アトピーというと、子どもがかかるというイメージがあります。ですが、近年では、大人でもアトピーにかかる人が増加傾向にあると言われています。そもそもアトピーは、外部からの刺激に対してアレルギー反応が出過ぎるという病気です。アトピーにかかると、関節や目、口の周りなどの皮膚が薄い場所や擦れやすい場所にかゆみが生じます。かゆみが我慢しきれずに強くかきむしってしまうことで、繰り返し何度も同じ炎症が起こります。そもそもなぜ発症するかというと、主な原因は遺伝によるものです。統計によると、両親が共にアトピーだった場合、発症する確率は50%になります。その他の要因は、外部の環境です。たとえば、空気中にたくさんの埃があるとアレルギーのきっかけになります。

効果的とされる治療方法

近年、アトピーに効果的だと温清飲という漢方薬が注目されています。この温清飲は、体内の血行をよくして体を温めてくれる作用があります。また、体内の熱や炎症を緩和してくれる生薬がたくさん配合されています。このような効果のおかげで、アトピーの痒みや乾燥を抑える効果があります。アトピーを改善するには、この漢方薬を成人で1日7.5gを2、3回に分割して服用します。飲むタイミングとしては、食前あるいは食間に経口服用すると効果的です。味については、水と一緒に飲むと少し苦いです。なので、苦いのが苦手という方は、緑茶と一緒に飲むとそれほど気にならなくなります。即効性はありませんが、持続して服用することで徐々に効果が現れます。