アトピーの原因

アトピーの症状と原因について

アトピーとは、皮膚に起こるアレルギー疾患のことを指し、アトピー性皮膚炎とも呼ばれる病気です。主な特徴は、赤みを伴う湿疹です。湿疹は改善したり、またひどくなったりを繰り返す特徴を持っています。この湿疹は、額や目の周り、口の周り、首、脇、手足の関節の内側などに発生することが多く、強い痒みを伴います。 このように、耐えがたい症状を引き起こす皮膚疾患ですが、原因は未だ完全には解明されていません。しかし、現段階ではっきりしているアトピー発症の原因はいくつかあります。1つは、体質に由来する原因です。遺伝的にアレルギー反応を起こしやすいという場合です。もう1つは、環境に由来する原因です。食物やダニ、カビ、ホコリ、花粉などから引き起こされる場合があります。さらに、過剰なストレスや睡眠不足も原因になることも分かっています。 そして、アトピー治療は皮膚科で行われることが一般的です。

症状を改善させる薬と生活習慣について

現在、皮膚科で主に行われているアトピー治療には、2種類の医薬品が用いられています。1つは、ステロイドを含んだ外用薬です。ステロイドには免疫反応を抑制する働きがあり、適切に使用すれば、高い治療効果があり、副作用の心配もありません。もう1つの医薬品は、抗ヒスタミンや抗アレルギーの内服薬です。痒み止めの効果とともに、症状の悪化を防ぐ効果があります。 このような医療機関で処方される薬を適切に服用するのと同時に、生活習慣を改善することも大切です。まず、ストレスを溜めない生活を送ることです。過剰にストレスが溜まると、免疫機能が低下します。よって、アトピーの症状はより悪化してしまいます。そのため、ストレスを上手にコントロールし、免疫機能を働かせることが肝心なのです。その他、丁寧なスキンケアも重要です。入浴後など保湿剤を丁寧に塗り、肌を清潔に保つことも欠かせないのです。