ヘモグロビンと血糖値

血糖値が高いと糖尿病になりやすく、様々な生活習慣病を引き起こしてしまいます。血糖値が高いと自覚しているのであればそれなりの注意が可能ですが、中には意識できていないという方も多いでしょう。通常血糖値を測るには血液検査が必要になります。検査ではヘモグロビンa1cと呼ばれる成分を数値を測定し、多ければ血糖値が高いと判断されます。ヘモグロビンとは血液を構成する主成分で、酸素を全体に運ぶ役割を持っていますが、ヘモグロビンa1cはそのヘモグロビンに糖がくっついたもので、ヘモグロビンa1cの数値を測定することで血中の糖度を間接的に知ることが出来ます。医療機関で検査をすることで数値を知ることができ、場合によっては治療が行われます。

ヘモグロビンa1cを下げるということは血糖値を下げることにも繋がります。ヘモグロビンa1cは約2ヶ月前の体内の血糖値を反映するという特徴を持っており、この数値によって過去の血糖値がどうであったかを調べることが出来るわけです。そのためヘモグロビンa1cの値を知ったからといって直ぐにこの値を減らすことは出来ず、正しい治療を最低でも数ヶ月は続ける必要があります。日々の生活習慣で大きく血糖値というのは変わってきます。ヘモグロビンa1cの値が平均より大きく超えているというばあいは早急に治療が必要になり、同時に生活習慣も変えていく必要があるでしょう。例えば適度に運動をしたり、糖分の過剰摂取を止め、またサプリメントなどで不足しがちな栄養分を補うことも重要になってきます。