大麦若葉を摂取

大麦の歴史。若葉は近年になって注目されてきました。

青汁に含まれている大麦若葉をご存知でしょうか。最近では大麦若葉に高い栄養価が含まれているので注目を集めております。大麦若葉とはその名の通り穀物である大麦を若い成長段階のときに摘み取って収穫したものを言います。 大麦の歴史は意外と古く新石器時代までさかのぼります。この当時は実の部分を食用として食べていたそうです。日本には紀元3世紀ごろに中国から伝わってきたそうです。奈良時代には広い範囲で栽培がおこなわれていたそうです。 このように日本でも古くから馴染みの合った大麦であります。これまでは実の部分を食用として用いてきたのですが、最近では若葉が注目されてきました。特に青汁の原料として用いることで健康に良いというイメージが出来たようです。

大麦若葉入りの青汁の今後について

古代から日本人に親しまれてきた大麦ですが、それまでは実の部分を食用として用いられてきました。最近になって大麦若葉にミネラルやビタミンなどの栄養素が豊富に含まれていることが分かり注目されるようになってきました。大麦というとビールの原料を思い浮かべる人も多いと思いますが、大麦若葉は青汁の原料として用いられるようになってきています。 近年では健康志向が高まり多くの人が健康に関心を持っております。大麦若葉入りの青汁もその一つで不足しがちなミネラルやビタミンを補い健康な体を維持できるものとして注目されています。今後も健康志向の高まりはますます増えていくと思われます。それと同時に大麦若葉入りの青汁も注目されて多くの人が愛用するかもしれません。